秋山智江でヒバリ

江戸っ子

江戸っ子みたく、しという、ひが、言いずらいらしく、言えなかった、絶えずおっかなそうな、逞しいお方、土橋正幸さんが、お亡くなりになりました、残念ですね。ヤクルトのプロデュースやられたときは、乏しい年でしたね。軽くて困った年でしたけれども、なんかしらないですが、茶目っ気あって、なぞ、江戸っ子おじさんがプロデュースやる感じで、不思議と有名あったのでしょうけれどもね。そうして、日本ハムのプロデュースもやって、そのあと、マスターズリーグのプロデュースもやってくれました。
参照ページ
あとは、サンデー朝食で、大沢上司が亡くなった先、張君が、1パーソンになったこと、はじめの毎回の者が、土橋さんだったような。で、張君のチームメイトであり、プロフェショナルでもあるから、貴重な位置づけでしたけれどもね。今は、ほとんど、張君よりも年代下ですから、野球界の側だと、反作用は張君に押し切られてしまうからね。意思を使いますしね。
取り敢えず、やはり、ご冥福をお祈りいたします。張君の論評は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です